仏検寄付箱プロジェクト

2020.07.08 参加店のエリアを拡大しました。北九州市以外からもご参加いただけます。

コロナの影響により、2020年春の仏検が中止となりました。そのため検定料を主な財源として活動する主催団体APEF(フランス語教育振興協会)が存続の危機にあり、このままでは仏検の継続が危ぶまれる状況にあります。

そこで当店では「北九州仏検寄付箱プロジェクト」を立ち上げました。集金や振込にかかる手数料を除く全額がAPEFに寄付されます。現在寄付箱を設置してくださる市内のお店を募っております。

お店の方へ

費用はかかりません。またご参加いただきましたお店はAPEFのホームページにお名前が掲載されます。また、今後当ページに参加店一覧がアップされる他、一覧は近隣のフランス語教育関係者にもお渡しの予定です。賛同いただけるお店様は当ホームページのお問い合わせフォーム、またはメール、インスタグラムのDMにてご連絡下さい、追って詳細をご連絡致します。

寄付をご希望の方へ

参加店の店頭の他、直接の寄付も可能です。APEFのホームページにて、1口3000円から寄付ができます。詳しくはこちら。また3000円以下の寄付については当店にお問い合わせ下さい。PayPalや口座振込にてご送金いただけます。