東欧の文学

「世界がつきつけるこうした困難のことを、ときには考えないようにしたほうがいいんだわ。そうでもしないと、世界はまったく呼吸できない場所になる」

デュラスの『ヒロシマ・モナムール』の中のこの台詞を、最近よく思い出します。

 今必要と感じているものは、多分大きく分けて二つあって、一つは今起こっていることについて、過去の戦争について、伝えてくれるもの。
 もう一つは、暗い時代にあって、それでもまだこの世界を「呼吸できる場所」にしてくれるような、ささやかな幸福や人間の暖かさを感じさせてくれるもの。
 きっと誰もがその両方を必要としているのではないでしょうか。

 前者について、SNSに書くことがうまくできませんでした。軽くもなく、重くもなく・・・そんなことを気にしながら自分に何か書ける内容ではなかったのです。でもどうしても伝えたいので、読みたい方だけが読むホームページで本を紹介することにしました。

以下はリストになります。東欧の定義はいくつかありますが、今回はロシアを除く旧社会主義国を指しています。ロシアとヨーロッパの大国の間で、激動にさらされた国々。大国の利害の中で、他国に勝手に組み込まれたり割譲されたりした地域。戦後も、市民の言論の自由が奪われた地域。その場所で言論により自由を獲得しようとした作家たち。東欧だけではありませんが、東欧の国々はその国が自由であることが、人類全体の尊厳にかかわるような、そうした地域の一つだと思います。

 どこかで見つけたら、手にとってみて下さい。

 彼らの書いたものが、どうか報われる世界でありますように。

・ヨーゼフ・ロート『ヨーゼフ・ロート ウクライナ・ロシア紀行』(ヤン・ビュルガー編、長谷川圭訳、日曜社)オーストリア=ハンガリー帝国領の東ガリツィア(現ウクライナ)出身のジャーナリストであり、作家のロートが見た、ロシア革命直後のウクライナとロシアの姿。

”これまでずっと、私は君に感情的な印象ではなく統計的な事実を伝えようとしてきました。(中略)でも、うまくいきませんでした。この民族は、自分で統計を取ることが許されず、他の民族によって支配され、数えられ、分類され、「処理される」という不幸を背負っているからです。”

・アンドレイ・クルコフ『ペンギンの憂鬱』(沼野恭子訳、新潮社)ウクライナのロシア語作家クルコフの代表作。ソ連崩壊後のウクライナで、あらかじめ追悼記事を書くことになった売れない作家の物語。過去の混乱した時代のフィクションとして読んでいましたが、今読み返すとここに書かれている社会背景がウクライナの日常だったのだと気づかされます。

・スヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ『戦争は女の顔をしていない』(三浦みどり訳、岩波現代文庫)母方の祖父はウクライナ人、父方の祖母はベラルーシ人というベラルーシの作家アレクシェーヴィチが書き留めた第二次世界大戦に従事した女性たちのオーラルヒストリー。

・サーシャ・フィリペンコ『理不尽ゲーム』、『赤い十字』(共に奈倉有里訳、集英社)フィリペンコのデビュー作『理不尽ゲーム』はベラルーシの独裁の実態を、長い眠りから覚めた青年の目を通して描くフィクション。
”作者としては幸運かもしれませんが、市民としては大変悲しいことに、この本に書いた内容はことごとく再生産され、いまだに現実に怒っています”(p.2 「作者のメッセージ」より)。
また、ソ連時代の資料を小説に書いて欲しいという読者の依頼から生まれた『赤い十字』はプロパガンダの虚構が人々に浸透する様子を描いています。人間の本質を捉えた描写も一層磨きがかかった傑作。

・ヨゼフ・チャペック『ヨゼフ・チャペック エッセイ集』(飯島周訳、平凡社)『ロボット』や『園芸家の12ヶ月』で日本でも人気の高いチェコの作家カレル・チャペック。その兄で、カレルの作品の挿絵を担当していたヨゼフのエッセイ集。社会主義革命に魅了されながらも、革命の初期からその暴力性に気づいた二人は、社会主義者とナチズムに翻弄されたチェコの歴史を体現した芸術家だったのではないでしょうか。ナチスの強制収容所で亡くなったヨゼフが残したエッセイは、政治と芸術について語りながら、人間の根幹について迫ります。

・ミラン・クンデラ『邂逅 クンデラ文学・芸術論集』(西永良成訳、河出文庫)チェコからフランスに亡命し、自作の仏語訳を経て、現在はフランス語で執筆する著者の文学・芸術論。言論の自由が厳しく制限された社会で文学の在り方を探求した彼の論考は、独自でありながら、芸術の根幹に迫る普遍性を持っています。

・ジョゼフ・チャプスキ『収容所のプルースト』(岩津航訳、共和国)ソ連の強制収容所に入れられたポーランドの知識人や将校たちが、過酷な肉体労働と零下40度という環境の中で、人間らしさを保つために自発的に連続講義を行った。奇跡的に生き延びたチャプスキが戦後にこの講義をフランス語で発表したのが本書。

”精神の衰弱と絶望を乗り越え、何もしないで頭脳が錆び付くのを防ぐために、わたしたちは知的作業に取りかかった。”
”このエッセイは、ソ連で過ごした数年のあいだ、わたしたちを生き延びさせてくれたフランスの芸術に対するささやかな感謝の捧げ物にすぎない。”

・オルガ・トカルチュク『昼の家 夜の家』ポーランドとチェコの国境地帯の小さな町ノヴァ・ルダを舞台に、現代と過去、様々な人々の生活の断片、聖人伝やレシピなど、一見ばらばらに見えるものが交錯し、点描画のようにポーランドの歴史が浮かび上がってくる独創的で幻想的な作品。

・アゴタ・クリストフ『文盲』(堀茂樹訳、白水社)ハンガリー動乱の際にスイスに逃れ、そこで一から習得したフランス語で書き上げた『悪童日記』が世界的なベストセラーとなったクリストフの自伝。子どもの頃のこと、亡命の記憶、新しい言語を覚え、母語を忘れていくこと。偉大な作家の、一人の難民としての顔。

・ローラン・ビネ『HHhH プラハ、1942年』(高橋啓訳、東京創元社)ナチスの高官殺害を計画したチェコスロヴァキアのレジスタンス史を研究するフランス人のビネが、他者の歴史や苦しみをどう伝えるのかについて、悩み、試行錯誤した痕跡が本書。他者への限りない誠意と敬意、そして第三者が語ることの重みを感じさせる歴史小説の新境地。

亀山郁夫・野谷文昭 編訳『悪魔にもらった眼鏡』

リルケ、チェーホフ、ヘンリー・ジェイムズなど各国の優れた短編をあつめたアンソロジーです。現代に生きる若者を文学へ誘う(いざなう)という思いを込めて、名古屋外国語大学の先生達が、とっておきの作品を自ら訳したとっておきの短編が12作!

デ・シーカの名作『自転車泥棒』や『ひまわり』の脚本を手掛けたザヴァッティーニの抄訳や、押井守の影響で日本での人気が復活しつつあるリラダンの短編、亀山郁夫訳のチェーホフと、ここでしか読めない作品が並ぶ超豪華な内容です。
次の作品で国も雰囲気もガラリと変わるのも楽しく、これは他ではなかなかできない編み方かもと思います。

これから外国文学を読んでみたい方はもちろん、コアなファンにもぜひ手に取っていただきたい一冊です。

書籍刊行のお知らせ

7月上旬に水窓出版より刊行される『無職本』に、執筆者の一人として文章を寄せました。

水窓出版から企画趣旨が以下のように綴られています。

世間では無職期間を空白期間と呼んだり、何も積み上げていない、社会的なキャリアを成していない無為な時間という風に捉えられたりしますが、ただそれは、(屁理屈だと言われるかもしれないけど)現在の社会で上手く生き抜くための一方的な考え方とも言えて、社会と距離を取っていた孤独な時間が当人の血となり細胞となっていると考えている人もいるはずです。この本では現代社会の価値観に迎合する考え方とは別に、どこにでもいる普遍的な人々が、「無職」という肩書がついたときに考えていたこと、感じたことを、それぞれの表現方法で自由に書いてもらいました。
はっきり言って本書はビジネス書や実用書のようにわかりやすい有用性はありません。ただ、ちゃんと生きていけるような自信がなくて社会から距離を置いたり、道を外れてしまって途方に暮れていたり、いろんなことが起こる人生には無駄なことなど一つもないと言いたい気持ちがあって本書を作った気もします。不安定ながら自由である期間にどんなことを考えるのか。他の人の考えを知ることで、少しでも読者のみなさんの想像力の幅が広がっていけばと思っています。

私は「本の中を流れる時間 心の中を流れる時間」と題した文章を寄せました。
無職だった時に考えたこと・感じたことについて、本と本屋、さらには読書を視点にして綴りました。
無職になった時の辛いことも少し書きましたが、中心となるのは本を読むことがどんなふうに生きること自体を豊かにして、他者との接し方もより時間をかけた粘り強いものにすることができるか。それを中心に書きました。

他の執筆者の方は、松尾よういちろう(ミュージシャン)、幸田夢波(声優ブロガー)、太田靖久(小説家)、竹馬靖具(映画監督)、スズキスズヒロ(漫画家)、ほかにも会社員の方など様々です。どんな本になるか、今から楽しみです。

当店には7月5日ごろ入荷予定です。ご予約を承ります。ご注文は下記のご注文フォーム、またはメール、インスタグラムのDMにてお願い致します。当店は現在、毎週土日の12-18時に予約制でオープンしております。店頭でのお受け取りも可能です。郵送サービスの場合は送料をご負担いただきますが、本書のご注文でもご利用可能です。ただし、『無職本』単品でのご注文の場合は、古本文庫1冊おまけのキャンペーンは送料と配送のスピードを重視して対象外とさせていただきます。ご了承下さい。
他の本と合わせてご注文の場合は、古本文庫を1冊プレゼントさせていただきます。

皆様からのご注文をお待ちしております。

2020年6月21日 ルリユール書店 小野太郎

タイトル 『無職本』
出版社  水窓出版
著者   松尾よういちろう/幸田夢波/太田靖久/スズキスズヒロ/銀歯/竹馬靖具/茶田記麦/小野太郎
刊行日  2020年7月2日頃(当店入荷は7月5日ごろ)
価格   1450円+税
ISBN 978-4-909758-03-3
判型   四六判(128mm×188mm)/168P
製本   並製
装幀   コバヤシタケシ

執筆者の略歴など、詳しくは出版社のホームページをご覧下さい。
試し読みもできます。
https://suisoubooks.com/custom7.html

    平野啓一郎さん サイン本入荷 ご注文承ります

    北九州市出身の作家、平野啓一郎さんのサイン本が入りました。
    デビュー作『日蝕』(芥川賞受賞)から映画化もされたロングセラー『マチネの終わりに』まで、各時代の作品が揃っております。小説作品は全て単行本です。各1冊ずつしかございませんので、ご注文はお一人様1冊とさせていただきます。なるべく沢山の方に手に取っていただくためですので、ご了承下さい。ご所望の本の写真を予めお送りすることもできますので、お気軽にお申し付けください。

    ご注文は5月9日(土)の午前10時から承ります。必ずご所望の本のタイトルを指定してご注文下さい。先着順ですので、品切の場合もございます。予めご了承下さい。ご注文は contactのお問い合わせフォームよりお願い致します。(混乱を避けるため、今回はインスタグラムのDMでのご注文はご遠慮下さい)。お問い合わせフォームはこちらです。
    5/10(日)より予約制にて試験的に営業を再開致します。店頭でのお受け取りも可能です。詳しくはこちらをご覧下さい。
    郵送サービスを実施しております。

    ※上下巻本もご注文はどちらか1冊とさせていただきます。
    ※サイン本以外の当店の書籍を併せてご購入をご希望の方も、先にサイン本のみのご注文をされることをお勧めします。
    ※お求めやすい価格にしておりますので、転売目的や業者の方のご購入はご遠慮下さい。

    サイン本 詳細

    『日蝕』 新潮社 ¥5,000 1999年発行 第5刷 サイン入り カバー裏と天の小口に少し日焼けと染みあり。カバー上部に裂け目あり。最後の2ページに少し折れ目あり。

    『一月物語』 新潮社 ¥3,000 1999年発行 初版・帯付 サイン入り 天と地の小口に若干染みあり。全体的に保存状態良好。

    『文明の憂鬱』 PHP研究所 ¥2,500 2002年発行 初版・帯付 サイン入り カバーによれあり。天と地の小口に少し日焼けあり。前小口に2ヶ所染みあり。栞ひも脱落。

    『葬送』第一部 新潮社 ¥3,500 初版・帯付 サインと落款入り カバーに少しよれ、カバー裏に日焼けの跡。全体的に保存状態良好。

    『葬送』第二部 新潮社 ¥3,500 初版・帯付 サインと落款入り カバー上部に少しよれ、カバー裏に日焼けの跡。帯の裏に輪ゴムの跡。全体的に保存状態良好。

    『滴り落ちる時計たちの波紋』文藝春秋 ¥3,500 2004年発行 初版・帯付 サインと落款入り 美本

    『高瀬川』 講談社 ¥2,500 2003年発行 初版・帯付 サインと落款入り 天の小口とカバーの裏に少し日焼けあり

    『ドーン』 講談社 ¥3,000 2009年発行 初版・帯付 サインと落款入り 美本

    『かたちだけの愛』 中央公論新社 ¥3,500 2010年発行 初版・帯付 サインと落款入り 美本

    『決壊』上巻 新潮社 ¥3,500  2008年発行 初版・帯付 サインと落款入り 天に少し汚れがある以外、全体的に保存状態良好

    『決壊』下巻 新潮社 ¥3,500  2008年発行 初版・帯付 サインと落款入り 美本

    『マチネの終わりに』 毎日新聞出版 ¥2,500 2016年発行 第13刷 帯付 サインと落款入り 美本

    『私とは何か』 講談社現代新書 ¥1,500 2012年 第二刷・帯付 サイン入り 美本

    『本の読み方 スロー・リーディングの実践』 php新書 ¥1,500 2006年 初版・帯付 サインと落款入り 美本