マリオン・イングラム『戦禍の中で』『平和の下で』(寺田由美、北美幸他訳、小鳥遊書房)

ナチス政権下のドイツでホロコーストと空襲を生き延び、戦後アメリカに渡って公民権活動家となった女性の自伝。
個人的には公民権運動に関して不勉強だったのですが、読みやすい語り口と注も親切で、予備知識がなくとも読み進められました。戦争や人種差別の問題、BLM運動などについてこれから知りたい方にもおすすめです。
毅然と生きたユダヤ人の母、公民権運動に身を投じる黒人の仲間たち。この本には周囲の人々の魅力的な人柄を伝える文章がたくさん出てきます。それは歴史を俯瞰的に学びたい場合には不要かもしれないエピソードですが、差別を克服する上で大きな助けとなるように思います。

2020年の収穫増補版③兼本浩祐『発達障害の内側から見た世界』(講談社選書メチエ)


「講談社選書メチエ=レポートの参考文献」というイメージがあるのは私だけではないはず。この『発達障害の内側から見た世界』はレポートがなくても読みたい一冊です。
精神科医である著者が自分自身も発達障害を持っていることに気づくところから本書は始まります。カミングアウトした時の相手の反応を見ていると、自分の多様な面が抜け落ちて、障害だけが前景化されている。そのことへの違和感から、人間の認識のメカニズムへの考察が始まります。
カントやベルクソンなどの西洋哲学の認識論を援用しながらも、例えが茹で卵や出川哲朗だったりと、いろんな意味で面白い読み物です。
「突き詰めれば誰一人多数者はいない、誰もが実は少数者なのだ」という著者。少数者として生きていると思っている人も、そうでない人も、みんなが自分に通じるものをこの本の中に見つけられるはず。

2020年の収穫増補版②イレーヌ・ネミロフスキー『フランス組曲<新装版>』(野崎歓・平岡敦訳)

「面白い戦争文学」というと、なんだか不謹慎な発言のような気がしてしまう。特にその作者がアウシュヴィッツで亡くなった場合はなおさら。というわけでこの本を勧める時、誰もが「面白いです」と言い、大抵の人はその後に「というのも変ですが・・・」とお茶を濁してみたりします。長らく読めなくなっていたそんな作品が新装版で刊行されました。


ロシア移民でユダヤ人のネミロフスキーは、フランスがナチスに降伏しユダヤ人追放政策を取るようになると、パリから田舎に逃れ、そこで『フランス組曲』を執筆しました。先の見えない戦争をリアルタイムで記録しながら、物語として後世に読み継がれるような一級の文学作品にするーーー。そんな作家生命を賭けた作品だから、本当に面白い。紙の配給がなく、小さな紙にびっしり書かれた草稿も迫力があります。


第1部はパリを脱出する人々の姿を冷徹に描き、第2部ではドイツ兵とフランス人の妻の淡い交流を描いています。旧版を読んだ時は第1部のシニカルでタフな文体から一転してロマンティックになる第2部に魅了されて好きな箇所を繰り返し読んだ程でした。
今年新装版が出て読み直してみると、むしろ第1部にはっとさせられました

。ドイツによる侵攻を前に、パリから逃げ出す人々。生き延びるためにかつての生活を捨て、よくわからない先を目指し、行く先々で商品は品薄に。物を溜め込む人、人の不幸に漬け込む人、途方にくれる人。それはコロナ初期の私たち人類の姿にそっくり。自分はネミロフスキーの筆にかかったら、どのように描かれるのだろう?そんなことを考えさせられます。


ところで、『フランス組曲』の草稿はトランクに収められていました。ネミロフスキーに次いで連行された夫が、娘たちに「絶対に手放してはいけないよ」と言ってそれを託します。小さかった娘たちはトランクを抱えて逃げ、生き延び、終戦から60年以上経って、草稿は日の目をみました。旧版も良かったけれど、作品の経緯を思わせる新装版の表紙にもぐっときました。

2020年の収穫増補版①ハワード・ノーマン『ノーザン・ライツ』(川野太郎訳)


1987年刊行の作品の初翻訳。1950年代末、カナダ北部、村に一軒だけの家に住む少年が、原住民や北欧移民が暮らす別の村と行き来しつつ成長していく物語です。長年カナダの原住民の研究を行なっていた作者によるこの作品は、ささやかな部分にも、彼らの文化への深い敬意がうかがえ、読んでいると彼らの生き方に魅了されます。


また、情報の少ない場所で暮らす人々のラジオへの熱い想いや、特に偶然手に入れたカタログを主人公に渡す友人の「ゆっくり読んで。おれはもう暗記したから」という言葉にも、なんだか羨ましくなりました。今年は外出が制限されたこともあり情報過多になった中で、この小説の主人公たちの情報への接し方がとても幸福なものに映りました。


本好きな中学生や高校生の子へのプレゼントにもお勧めです。私自身がこの本を10代の時に読みたかった!!!環境が変わったり、人との距離に悩んだり、孤独を感じたり。そんな主人公たちと、彼らの多感な気持ちを暖かく受け止めてくれる大人たち。沢山の人がこの本に出会えますように。


若き訳者による柔らかくみずみずしい訳文も、主人公の気持ちを衒いなく表していて素敵です。

書籍刊行のお知らせ

7月上旬に水窓出版より刊行される『無職本』に、執筆者の一人として文章を寄せました。

水窓出版から企画趣旨が以下のように綴られています。

世間では無職期間を空白期間と呼んだり、何も積み上げていない、社会的なキャリアを成していない無為な時間という風に捉えられたりしますが、ただそれは、(屁理屈だと言われるかもしれないけど)現在の社会で上手く生き抜くための一方的な考え方とも言えて、社会と距離を取っていた孤独な時間が当人の血となり細胞となっていると考えている人もいるはずです。この本では現代社会の価値観に迎合する考え方とは別に、どこにでもいる普遍的な人々が、「無職」という肩書がついたときに考えていたこと、感じたことを、それぞれの表現方法で自由に書いてもらいました。
はっきり言って本書はビジネス書や実用書のようにわかりやすい有用性はありません。ただ、ちゃんと生きていけるような自信がなくて社会から距離を置いたり、道を外れてしまって途方に暮れていたり、いろんなことが起こる人生には無駄なことなど一つもないと言いたい気持ちがあって本書を作った気もします。不安定ながら自由である期間にどんなことを考えるのか。他の人の考えを知ることで、少しでも読者のみなさんの想像力の幅が広がっていけばと思っています。

私は「本の中を流れる時間 心の中を流れる時間」と題した文章を寄せました。
無職だった時に考えたこと・感じたことについて、本と本屋、さらには読書を視点にして綴りました。
無職になった時の辛いことも少し書きましたが、中心となるのは本を読むことがどんなふうに生きること自体を豊かにして、他者との接し方もより時間をかけた粘り強いものにすることができるか。それを中心に書きました。

他の執筆者の方は、松尾よういちろう(ミュージシャン)、幸田夢波(声優ブロガー)、太田靖久(小説家)、竹馬靖具(映画監督)、スズキスズヒロ(漫画家)、ほかにも会社員の方など様々です。どんな本になるか、今から楽しみです。

当店には7月5日ごろ入荷予定です。ご予約を承ります。ご注文は下記のご注文フォーム、またはメール、インスタグラムのDMにてお願い致します。当店は現在、毎週土日の12-18時に予約制でオープンしております。店頭でのお受け取りも可能です。郵送サービスの場合は送料をご負担いただきますが、本書のご注文でもご利用可能です。ただし、『無職本』単品でのご注文の場合は、古本文庫1冊おまけのキャンペーンは送料と配送のスピードを重視して対象外とさせていただきます。ご了承下さい。
他の本と合わせてご注文の場合は、古本文庫を1冊プレゼントさせていただきます。

皆様からのご注文をお待ちしております。

2020年6月21日 ルリユール書店 小野太郎

タイトル 『無職本』
出版社  水窓出版
著者   松尾よういちろう/幸田夢波/太田靖久/スズキスズヒロ/銀歯/竹馬靖具/茶田記麦/小野太郎
刊行日  2020年7月2日頃(当店入荷は7月5日ごろ)
価格   1450円+税
ISBN 978-4-909758-03-3
判型   四六判(128mm×188mm)/168P
製本   並製
装幀   コバヤシタケシ

執筆者の略歴など、詳しくは出版社のホームページをご覧下さい。
試し読みもできます。
https://suisoubooks.com/custom7.html

    「がまくんとかえるくん」シリーズ

    小学校の国語の教科書でおなじみの「がまくんとかえるくん」シリーズ。おっちょこちょいのがまくんと、そんながまくんにやさしく寄り添うかえるくん。がまくんの天真爛漫さがなければ二人の日常は面白くないし、かえるくんもやさしいだけでなく時に子供らしく無邪気で、わくわくする物語を作るのも上手。読んでいてこんな二人いるよね、あれもしかして自分たちと似てる? と思ったことのある読者の方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。子どもも大人も楽しめるシリーズです。

    このシリーズの作者はアーノルド・ローベル。訳者は三木卓。文化出版局からこれまで4冊刊行されています。

    訳者の三木卓さんは詩人・小説家・児童文学者・随筆家・翻訳者として様々なお仕事をこれまでされてきました。このシリーズが刊行されてもうすぐ50年。ずっと読まれ愛され続けてきました。三木卓さんは当店にとって大切な作家のお一人です。当店の開業にあたり、サイン本も作っていただきました。

    EhonNavi のサイトでこのシリーズの翻訳秘話を読むことができます。
    こちらをご覧下さい。

    そしてまだ読んだことのない巻がありましたら、ぜひ手に取ってみて下さい。

    平野啓一郎さん サイン本入荷 ご注文承ります

    北九州市出身の作家、平野啓一郎さんのサイン本が入りました。
    デビュー作『日蝕』(芥川賞受賞)から映画化もされたロングセラー『マチネの終わりに』まで、各時代の作品が揃っております。小説作品は全て単行本です。各1冊ずつしかございませんので、ご注文はお一人様1冊とさせていただきます。なるべく沢山の方に手に取っていただくためですので、ご了承下さい。ご所望の本の写真を予めお送りすることもできますので、お気軽にお申し付けください。

    ご注文は5月9日(土)の午前10時から承ります。必ずご所望の本のタイトルを指定してご注文下さい。先着順ですので、品切の場合もございます。予めご了承下さい。ご注文は contactのお問い合わせフォームよりお願い致します。(混乱を避けるため、今回はインスタグラムのDMでのご注文はご遠慮下さい)。お問い合わせフォームはこちらです。
    5/10(日)より予約制にて試験的に営業を再開致します。店頭でのお受け取りも可能です。詳しくはこちらをご覧下さい。
    郵送サービスを実施しております。

    ※上下巻本もご注文はどちらか1冊とさせていただきます。
    ※サイン本以外の当店の書籍を併せてご購入をご希望の方も、先にサイン本のみのご注文をされることをお勧めします。
    ※お求めやすい価格にしておりますので、転売目的や業者の方のご購入はご遠慮下さい。

    サイン本 詳細

    『日蝕』 新潮社 ¥5,000 1999年発行 第5刷 サイン入り カバー裏と天の小口に少し日焼けと染みあり。カバー上部に裂け目あり。最後の2ページに少し折れ目あり。

    『一月物語』 新潮社 ¥3,000 1999年発行 初版・帯付 サイン入り 天と地の小口に若干染みあり。全体的に保存状態良好。

    『文明の憂鬱』 PHP研究所 ¥2,500 2002年発行 初版・帯付 サイン入り カバーによれあり。天と地の小口に少し日焼けあり。前小口に2ヶ所染みあり。栞ひも脱落。

    『葬送』第一部 新潮社 ¥3,500 初版・帯付 サインと落款入り カバーに少しよれ、カバー裏に日焼けの跡。全体的に保存状態良好。

    『葬送』第二部 新潮社 ¥3,500 初版・帯付 サインと落款入り カバー上部に少しよれ、カバー裏に日焼けの跡。帯の裏に輪ゴムの跡。全体的に保存状態良好。

    『滴り落ちる時計たちの波紋』文藝春秋 ¥3,500 2004年発行 初版・帯付 サインと落款入り 美本

    『高瀬川』 講談社 ¥2,500 2003年発行 初版・帯付 サインと落款入り 天の小口とカバーの裏に少し日焼けあり

    『ドーン』 講談社 ¥3,000 2009年発行 初版・帯付 サインと落款入り 美本

    『かたちだけの愛』 中央公論新社 ¥3,500 2010年発行 初版・帯付 サインと落款入り 美本

    『決壊』上巻 新潮社 ¥3,500  2008年発行 初版・帯付 サインと落款入り 天に少し汚れがある以外、全体的に保存状態良好

    『決壊』下巻 新潮社 ¥3,500  2008年発行 初版・帯付 サインと落款入り 美本

    『マチネの終わりに』 毎日新聞出版 ¥2,500 2016年発行 第13刷 帯付 サインと落款入り 美本

    『私とは何か』 講談社現代新書 ¥1,500 2012年 第二刷・帯付 サイン入り 美本

    『本の読み方 スロー・リーディングの実践』 php新書 ¥1,500 2006年 初版・帯付 サインと落款入り 美本

    『ヒューマン・コメディ』ウィリアム・サローヤン

    【コロナの今おすすめの本】文学編1
    『ヒューマン・コメディ』ウィリアム・サローヤン(小川敏子訳、光文社古典新訳文庫)

    「悲しいときほど、人に優しく。」
    今、こんなにシンプルで、こんなにも私たちを惹きつける帯があるでしょうか。
    実はこの帯は以前からのもの。
    サローヤンの作品の美学が端的に表された言葉だと思います。

    第二次世界大戦中に刊行されたこの作品は、その時代を生きる一つの家族と、彼らが出会う人々とのふれあいを描いたもの。

    末っ子(後に4歳と判明)が汽車に手を振り続けていると、中からたった一人、黒人の男性が手を振り返してくれた———
    冒頭で、他愛のない交流が、4歳の子どもの眼差しを介して実に鮮やかに描き出されています。知らない人が知らない人のために優しくすること、そしてそれを大切な思い出として刻んでゆくこと。この交流は些細であるがゆえに一層美しいように思われます。『ヒューマン・コメディ』はそんなささやかな優しさと誠実さが、ひたすらに重ねられていく物語です。

    誰かの優しさのありがたみは、悲しいかな、自分の不幸の大きさに比例している。
    そして自分が不幸な時、誰かに優しくするか、誰か嫌がらせをするかで、自分の人間性は決まってしまう。
    サローヤンの代表作『僕の名はアラム』は幸せな子供時代を振り返った自伝的な作品だと旧訳を読んで思っていました。しかし新訳のあとがきで柴田元幸氏がそうではないと書いていて、古典新訳文庫のサローヤンの年譜を見たら、かなり悲壮な一生だったよう。彼は優しさの重みを知り尽くして、「真実」ではなく「真実であるべき」物語を編み上げたのでしょう。

    「悲しいときほど、人に優しく」。悲しみに、邪悪な思いに負けそうになったら、手にとってみてください。